2017年06月20日

ゴルフ探求

新しいアイアンに、同一レングスアイアンと言う理論をもとに

コブラゴルフから【キングフォーシドツアーアイアン】名で

限定販売されました

通常のアイアンセットは5番、6番、7番・・・と番手が

下がるにつれて0.5インチずつ短くなるのが一般的ですが、

一フレックスアイアンは7番アイアンの長さ

36.75インチで統一されています。

これにより、どの番手でも同じスイング感覚で打て、

ミート率が向上することで角番手の飛距離と方向性の

ばらつきが少なくなるとのこと又、

ショートアイアン使用の際、

腰や背中への負担が少ないといったメリットがあるそうです。

このクラブの特徴はヘッド・シャフト・グリップ

重量が統一されている事です

つまり、ロフトだけで距離の打分けをするのです

本当に簡単なのか?

サンドウエッジが7番の長さだったら

ヘッドスピードが上がるので

ロフトをもっと寝かせないと

今までと同じ距離にはなりません

私のサンドが56度を→64度位なのかな?

ロフトが寝るほど、アイアンの入り方で

距離のばらつきが出てきます

逆に、5番アイアンは従来の長さより

短くなるのでヘッドスピードが上がらない上に

ロフトが立つことによってスピンが減り

グリーンで止まらなくなるはずです

ima6351 at 13:41│