2016年03月01日

母との楽しい日曜日!!


母は、青春期が戦争まっただ中を、

6人兄弟の長女として過ごした。

さぞかし、母親のサブとして弟妹の面倒を

みただろう状況が自然と思い浮かぶが、

いまだに法事等の時には、

“ねーちゃんは、昔からわがままやったもんねー。”

と70歳〜80歳台の弟たちから言われている。

いわば、わがままの先駆者 パイオニアである。

そして、日曜日、ほぼ 私は母の奴隷と化す。

大体、午前中は、南関の地元の農家の人たちが

経営する“やさい畑”に野菜を買いに連れて行かされる。

大根、白菜、里芋、ミカン 重いやつをたくさん持たせられる。


無題

← ココ




帰りの上内峠を通過する際は、毎回、“昔、この辺で

最終バスに若い女性の幽霊が出た!”という

話を聞かされる。その後、

“いや今時、幽霊とかおらん。”⇒“じゃあれは?”

⇒“山の中だから狸がばけたのでは?”と

ホラー系の話からまさかの日本昔話系に

急旋回・・・。

狸☆ 母  説 ☆

←最終バスで忽然と消える謎の

女性乗客の正体・・・。


フツーに聞き入っていた数分の時間を返してくれ!と

言いたくなる。


そして、コスモス薬品・マルキョウ・マルショク・ナフコなど

散々、引きずり回された後、、必ず、うどん屋に

連れて行かされる。

食べ終わり、店を出て私の後ろ姿を見て

“最近、太ったね!会社辞めて女相撲取りになるたい!!”

と無邪気に笑う・・・。

毎週、私は、母から解放された後、部屋に閉じこもり、

DVDを見て気を静めている。        事務G 木下

ima6351 at 18:19│