2015年03月02日

おばさんの偏った映画観賞

  無事に決算も終わり、副社長から借りた80’sヒット洋楽CDの中に"トップガン " の

“デインジャーゾーン”を聴いて久し振り “トップガン”のDVDを観た。


トムクルーズの外見の持続力には、感心する。

男性は、人生において仕事、家庭等のそれなりの実績を積むと不思議と並の

顔立ちも味のある顔に変化する。

が、女性は理屈抜きに若い時が断然、美しい。


TOP_GUN1などと考えながら、映画を観終えた。

思えば、この手の映画はどれもワンパターンだ。

昔のリチャードギアの“愛と青春の旅立ち”や

日本で言うと“海猿”

内容と言えば、異性との紆余曲折と親友の死、仕事の挫折など・・・。

ほとんど一緒だ。だが、やっぱり 若い男の制服モノは私は、好き    事務G 木下

              


ima6351 at 17:40│