少し早めの初詣☆いちょうの葉

2009年11月27日

ドライバーのロフト選択

ドライバーのヘッドスピードに対してロフト選択

 

今回は、ドライバーのロフト選びについて調べてみました

最初にロフトには2つの表示の方法がありますので、
その違いを理解してください

 

(リアルロフト)

シャフト軸基準でフェースの向きがターゲットに
真っ直ぐ(フェースアングルが0度)の時の傾き

シャフトを垂直に立て、シャフトを基準にした傾斜角度)

  

(オリジナルロフト)

クラブに書いてあるロフトは、各メーカーにより基準が異なり

各メーカーが独自に表示しています(主にソール基準の傾斜角度)

 

シャフト軸を基準にし、フェースがターゲット方向に
真っ直ぐ向いた時のフェース面の傾きこそが、
正式な(信用できる)ロフト角であると
考えるべきではないでしょうか・・・?

※リアルロフトを基準にすると表示より寝る傾向にあります

そろそろ本題に入ります

ゴルフボールが昔と比べドライバーでは、
スピン量を減らす傾向
になって来ました

ドライバーヘッドも同じで各メーカー
ヘッド・ボール共に低スピン時代と言えるでしょう

そんな中で、ドライバーのロフトは
今のロフトで問題ないでしょうか

ヘッドスピードが45m以上有る方は、
ボールの進化に恩恵を受けるでしょうが

ヘッドスピードが44m以下の方は
ボールのスピン量が減り過ぎて(揚力が少なくなる)

無理をして、立ったロフトを選択し
飛距離をロスしているように思われますので

ひとつの基準として表にしました

 

ヘッドスピード

最適ロフト

48 - 56

8 - 10.5

42 - 47

9.5 - 11

38 - 41

11 - 13

33 - 37

13 - 15

32 以下

16+

私のヘッドスピードは43mm

見栄を張らずに9度を11度にしようかな・・・悩む・・・悩む・・・悩む・・・

 

仕事の話をちょっとしますと

私が担当している新築マンションが、
やっと最上階の工事に入り、ここからの眺望は

熊本城が見える高さまでなり、
藤崎球場の緑が見えて気持ちいい・・・・です



ima6351 at 01:00│ お知らせ 
少し早めの初詣☆いちょうの葉